羽田野式ハイボルト療法

羽田野式ハイボルト療法

羽田野式ハイボルトとは

ハイボルトは、高電圧の刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させ、疼痛の軽減や治癒促進などに利用できる「痛み」に特化した電気治療器です。そして、根本的な治療原因を改善させることによって末端の痛みを取るという治療法が、ハイボルトという治療法です。ハイボルト治療は、NPO法人日本電気治療協会理事長の羽田野龍丈氏が考案し、全国の接骨院等に普及した治療法ですが、今では「羽田野式ハイボルト」として更なる進化をとげ、当院でも多数の患者様をこの治療法で結果を出してきました。

羽田野式ハイボルト療法の3大効果

筋肉や靭帯の機能を修復する

本来は固定のみで修復することが難しいと言われていた筋肉や靭帯にさらに高電圧を強くかけることによって、筋肉や靭帯自体を修復できるようになりました。

神経の興奮を抑える

ハイボルトを神経の走行に沿って流すことで、神経の興奮を抑え、迅速に痛みを抑えることが可能です。

例えば、手首が痛いとしても、実は首やその周囲の神経から痛みを出していることがよくあり、その部分を治療することによって今まで取り切れなかった痛みが取れるようになります。

痛みの原因がわかる

羽田野式ハイボルトの最大の特徴が、どこが悪いのか検査をするということです。

レントゲンやMRIに写らなかった筋肉や神経の悪い部分、これをハイボルテージという電気を羽田野式の理論でかけることによって、治ったところ、やって変わったところが悪かったところというように、結果をもって悪い部分が探せるという治療兼検査法です。レントゲンやMRIは骨やその他の組織しか写りませんが、羽田野式ハイボルトによって筋肉や靭帯、末梢の知覚神経などが関連をして痛みを出している部分の症状が一気に取れたうえで原因がわかります。

原因がわかれば治療が集中できる

原因がわかれば予防ができる

羽田野式ハイボルトは、痛みの根本原因を治療するだけでなく、痛みを出す原因を調べ再発をしない状態を作れるまさに、今までになかった治療法です。

今まで原因がわからなかった痛みや、年のせいだとあきらめていた、などという方は、あきらめずに羽田野式ハイボルトを一度受けてみてください。

 

スポーツ障害・外傷に詳しい整骨院を探している方、事故後の首の痛みがなかなか抜けない方は、一度古賀市にある当院へご相談ください。当院は、羽田野式ハイボルト療法を使って様々な痛みやケガにアプローチしている整骨院です。手技や機器を使って一人ひとりに合わせたメニューを組んで施術していきます。お気軽にお越しください。

092-942-2260 お問い合わせはこちら
PAGETOP
PAGETOP
092-942-2260お問い合わせ
おがわ整骨院 Facebook Instagram おがわ整骨院 整骨院コラム おがわ整骨院 LINE@