contact_tel.pngお問い合わせ

いざという時に役立つ!スポーツ外傷・障害の応急処置

外傷・故障における応急処置の大切さ

捻挫や打撲をした際、「整骨院に行くのに、なぜ応急処置をする必要があるのだろう…?」と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。確かに、専門家に処置してもらうほうが安心ですが、移動や準備で時間が掛かってしまう場合がほとんどです。その間に痛みがどんどん進行してしまい、悪化してしまうことも考えられます。
また、悪化した分、回復も遅れてしまいます。応急処置をするのとしないのとでは、痛みのレベルや回復の期間が全く異なるのです。
外傷というのは、「いつ・どこで・だれが」というのが予測できないものです。そのため、いつでも外傷・故障における応急処置が行えるよう、備えておく必要があるといえます。

基本的な応急処置のやり方

捻挫や打撲をした場合、基本の処置はRICE処置です。RICE処置というのは、Rest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の頭文字をとったものです。
応急処置に必要なアイテム
・氷・アイスバッグ・ビニール袋・テーピングパッド・包帯・弾力包帯
Rest(安静)
患部をテーピングなどでしっかりと固定して安静にし、腫れや神経の損傷などを防ぐことが目的です。
Ice(冷却)
アイスバッグやビニール袋に氷を入れて患部を冷やすことで、内出血や腫れを最小限に抑えられます。1回15~20分ほど冷やし、感覚が無くなったら冷やすのを止め、再び痛みが出てきたら冷やします。
Compression(圧迫)
冷却と同時に包帯を巻いたり、患部にパットを当てたりして圧迫することで、内出血や腫れを抑えられます。ただし、圧迫する力が強くなりすぎないようにしましょう。
Elevation(挙上)
クッションなどを使って、患部を心臓よりも高い位置にすることで、腫れを最小限にできます。

古賀市にある当院は、スポーツ障害・外傷に対応している整骨院です。他にも骨盤矯正や交通事故施術、妊婦施術など幅広いメニューをご用意しています。特に骨盤矯正は多くの方に注目されているメニューです。日頃から姿勢が悪い、産後という方で腰痛や肩こりなどに悩まされている場合は、骨盤のゆがみが原因かもしれません。骨盤矯正を受けたいという方、整体に興味をお持ちの方は、当院へ足をお運びください。

おがわ整骨院 Facebookphitenおがわ整骨院 整骨院コラムおがわ整骨院 LINE @
おがわ整骨院 いつあき