おがわ整骨院 整骨院コラム

contact_tel.pngお問い合わせ

2016.10.21更新

日時 平成28年10月22日(土)

誠に勝手ではございますが、明日10月22日(土)

の診療を私用のため、休診にさせて頂きます。

ご来院の患者様には、大変ご迷惑をおかけしますが、

何卒、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。



スポーツ外傷治療、交通事故治療、産後矯正・骨盤矯正
で整骨院をお探しの方は、お気軽におがわ整骨院へ
ご相談ください。

投稿者: おがわ整骨院

2016.10.18更新

体に関する内容をはじめ、リハビリ・ストレッチ、サービスのご案内、

休診のお知らせなど様々な情報をお届けしていきたいと思いますので、

ぜひ、ご覧ください!

 

スポーツ外傷治療、産後・骨盤矯正、交通事故治療などで整骨院を

お探しの方は、古賀市のおがわ整骨院へお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

投稿者: おがわ整骨院

2016.10.15更新

朝晩が冷え込んできていますが、体調はいかがでしょうか?

体が冷えてくると、首・肩・背中・腰、膝関節などの痛みが

ひどくなる場合があります。

また、交通事故でのむちうちの症状(首の痛みや動き、

頭痛、めまい、吐き気、手のしびれなど)もひどく出る

場合があります。

そして、体の冷えは免疫力の低下にもつながりますので、

カゼを引きやすくなったりします。

お風呂にゆっくり入って体を温めるなどして防寒対策を

していきましょう。

今では、レンジでチンして温められるホットパックもあります

ので、こういったグッズを使われるのもおススメします。




そろそろインフルエンザが出てくる時期になります。

今のうちにしっかりと体調を整えて、免疫力を高めて

いきましょう!



スポーツでのケガの治療、産後・骨盤矯正、交通事故治療などで
整骨院をお探しの方は、古賀市のおがわ整骨院へお気軽に
ご相談ください。

投稿者: おがわ整骨院

2016.10.11更新

パソコンやスマホの使用で肩や首が凝っている方が多くみられます。特に首のコリがひどい方は、自律神経にも影響し、血圧が上がったり、顔がほてるなどといった症状も出てきます。

また、交通事故でむちうちになってしまった方は、寒い季節がほんとに辛くなります。

「ちょっとした時にできるストレッチがあればなぁ・・・」ということで、首のストレッチを簡単に紹介します。

danger注意点danger

首のストレッチをする時には、やりすぎに注意して下さい。

首の筋肉はデリケートですので、伸ばしすぎると後で痛みが出てくる場合があります。「少し伸びて気持ちいいなぁ~」というくらいが丁度いいと思います。

①首の前のストレッチ


首のストレッチ(むちうちなどの症状に)

背筋は伸ばして、あごを上に押し上げるようにします。

②首の横のストレッチ


首のストレッチ(むちうちなどの症状に)

左側を伸ばす場合は、右手で頭を押さえ、首を右に倒します。左右行いましょう。

③首の後ろのストレッチ


首のストレッチ(むちうちなどの症状に)

頭の後ろで手を組んで、手で押さえながら頭を前に倒します。

④首の左前のストレッチ


首のストレッチ(むちうちなどの症状に)

左腕を後ろに回し、右手で左手を握って右方向に少し引っ張って左胸を開いた姿勢をとります。そして、頭を右後方に倒して首の左前を伸ばします。

逆の動作で首の右前も伸ばしましょう。

⑤首の左後ろのストレッチ


首のストレッチ(むちうちなどの症状に)

右手で左腕を右斜め下に引っ張り、そのまま頭を右斜め下に倒します。逆の動作で首の右後ろも伸ばしましょう。


いかがでしたでしょうか?毎日少しずつでもストレッチを行うことで、筋肉も少しずつ柔軟性が出てきます。ぜひ皆様も気が付いた時にやってみて下さい。



スポーツでのケガ、交通事故治療、産後骨盤矯正などで整骨院をお探しの方は、おがわ整骨院へお気軽にご相談ください。

 

投稿者: おがわ整骨院

2016.10.07更新

ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれるくらい血液が集まり

ます。ふくらはぎが硬くなってくると、心臓から下肢へ送られた

血液を心臓へ戻す「筋ポンプ作用」が弱まり、下肢に血液が

滞って足がむくんだり、冷えたりしてきます。
そして、全身の

状態にも影響を及ぼします。

ふくらはぎの筋ポンプ作用をしっかりと働かせられるよう、

ふくらはぎを柔らかくしていくことは重要になります。


①ふくらはぎのストレッチ



よく知られているふくらはぎのストレッチ法。

ふくらはぎでも表面の「腓腹筋」のストレッチです。




上記の腓腹筋のストレッチの姿勢はそのままで、膝を曲げていく

と、腓腹筋の奥にある「ヒラメ筋」のストレッチになります。


②ふくらはぎのマッサージ

末梢(足首)の方から中枢(膝)へ軽く圧迫を加えながら

マッサージをしていきます。揉むというよりも圧迫しながら

滑らせていくような感じで行いましょう。


③足裏のマッサージ



足裏のアーチとふくらはぎは密接な関係があります。

「足がだるい」「ふくらはぎが張っている」などという

時は、足裏も硬くなっています。青竹踏みなどで

足裏のマッサージを行いましょう。


④むくみがひどいときは足を高く

足がむくんでいるときはふくらはぎのポンプ作用が

低下しています。上向きに寝て、イスやソファーなど

に足を乗せて心臓よりも高い位置に足を上げると、

足に溜まった血液などが心臓に戻りやすくなります。


ご自宅で簡単にできるセルフケアを紹介してきました

が、「足」の状態は全身に影響してきます。日頃から

足の疲れを解消させていくだけでも気持ちよく日常

生活を送れますので、ぜひ行ってみて下さい。



新宮町・古賀市の整骨院は、おがわ整骨院

投稿者: おがわ整骨院

おがわ整骨院 Facebookphitenおがわ整骨院 整骨院コラムおがわ整骨院 LINE @